不妊治療の最終手段|不妊の原因を知ろう|確率の高い顕微授精!

不妊の原因を知ろう|確率の高い顕微授精!

看護師

不妊治療の最終手段

看護師

施術にかかる費用

結婚年齢の高齢化から、昨今では不妊治療を行うカップルが多いです。大阪の産婦人科でも、タイミング法、人工授精などの治療を行っています。なかでも体外受精は、不妊治療の最終手段として知られています。この治療は、子宮内から取り出した卵子を体外で受精させて、子宮に戻す治療です。大阪の産婦人科では、体外受精による治療は保険が適用されないです。なので、全て実費のみの支払いとなります。産婦人科によって多少異なりますが、一回の費用はおよそ10万円から100万円かかります。1回の体外受精で成功すればいいのですが、ほとんどの場合、複数回行わなければいけないです。したがって、金額は大きくなるので、治療前には夫婦でよく相談する事が大事です。

妊娠に成功する可能性

体外受精は、子宮から取り出した卵子を精子と受精させて、再び元に戻す治療です。大阪の産婦人科で治療を受ける際、成功率について気にされる方が多いです。体外受精による妊娠する確率は、年齢が上がるにつれて下がる傾向にあります。これは、加齢による卵子の老化、子宮内膜の状態が悪化することが原因です。大阪の産婦人科での25歳の成功率は40%に達しますが、35歳になると35%まで下がります。さらに、40歳で成功率は20%以下、45歳だと約5%と低いです。成功率を高めるためには、冷えを改善する事が大事です。冷えて血流が悪くなると、子宮への酸素や栄養が滞って状態が悪くなるからです。なので、体を冷やさないように、適度な運動、長時間の入浴をすると良いです。